2007年07月18日

ZICOスタジアムの感想

試合後のコメント
小笠原『サポーターとチームが一丸となって勝てたと思います



あの表情といい、今の満男は何か変なイマジンでも取り憑いてるんじゃねえのか??? オレは騙されないぞ!!
posted by ヒロキチ at 01:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月13日

小笠原の侵略がはじまった!

kakuka2.jpg

kakuka1.jpg



小笠原の背番号が「40」に決まった。

鹿島では41番から先がスタッフの背番号。
ちなみに「41」はZICO。 代表監督就任で鹿島を退団する際に、いつでもスタッフゲームに参加できるようにと「41」は今でもZICOのまま(だよな?)。

以前ZICOが「自分は現役時代、サポーターからの声援を自分の力に代えてプレーしていた。 最近はそういうことを知らないで、サポーター対応を負荷としか考えてないプロ選手が多いのには残念だ。もっとサポーターの応援を自分の力に変える術を身に付けるべきだ」ってなことを、何かのコラムだったか、自分のBLOGだったかで言ってた。

自分はサポーターの応援の元でサッカーをプレーをしたことがないので、そのような効果が実際にあるのか分からないのだけど、ZICOが言うのだから本当にあるのだろうと思う。(だからゴール裏から離れられないんだけども)

小笠原の実力はよく知っている。
誰よりも強く、巧く、不屈の精神を兼ね備えている。

その小笠原に、ZICOが言う「能力」が身に付いたら、もう最強だろ。
選手としての全盛期。 オレら応援者の声で、小笠原満男という稀代のスーパープレーヤーを、完全完成させてやろう。

その成長したスーパー小笠原をも乗り越えてスタメンを奪ったら、来年は背番号ひと桁だぞ!
頼むぞ、中後!青木!増田!

posted by ヒロキチ at 08:14 | Comment(14) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月10日

広島ビッグアーチの感想

ビッグアーチに向かう長い坂道で、18メートルの横断幕を入れた大型キャリーバッグの車輪が擦り切れて無くなった。

SPIRIT OF ZICO
石神の力に成れるなら90分石神コールでもいい。
次は勝つ。
posted by ヒロキチ at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月05日

小笠原満男復帰

しょうがねえじゃないか。

小笠原満男のような気味が悪い妖怪を、まともに雇ってくれるようなプロクラブチームなんて、下部リーグ含めて全世界探しても、オレらの鹿島アントラーズ以外にあるわけないんだから。

小笠原満男のような無愛想で我侭な鼻持ちならない小憎たらしいクソガキを、年間通してとことん応援し続ける根性を持ってるのも、全世界探しても、オレら鹿島アントラーズのサポーターしかいないんだから。

もう行くとこないんだから、復帰してもしょうがねえじゃないか。
あー、まったくもう。


実力的に疑いなく、クラブにも慣れ親しんでいるはずの日本代表選手クラス2名が復帰してくれようとしてるのに、賛成だの反対だの複雑な心境だのクラブ崩壊の危機だの、頭を抱えたり溜息が絶えなかったり無理に平静を装ったりでアタフタしてる心情を分かり合えるのは、鹿島アントラーズを愛する者だけ! みんなで力を合わせて、この困難を乗り越えよう!笑
posted by ヒロキチ at 01:21 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月03日

ZICOスタジアムの感想

ゴール裏でフラッグ振ってたので気がつかなかったけど、試合中スクリーンに「たいへん見苦しいグロ画像」が映し出されたらしいね。 何となく白けた空気の原因はコレだったのかね? つうか試合中は意識をピッチに集中しなきゃ!
posted by ヒロキチ at 22:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月28日

鹿島沈没

t.jpg



オリンピック・マルセイユに移籍する際、中田は何も違反行為をしていない。 大きなチャンスを掴むために、クラブに頭を下げてワガママを通してもらったのは、レオナルドが「ブラジル代表に復帰したい」という理由で、シーズン途中にPSGに移籍したのと同じだ。 いや、むしろレオの方がヒドイような・・・。 レオナルドは許せて中田は許せない鹿島ファンは、すごく心が狭いんだと思う。

ああそうさ、それがどうしたー!



オレは、中田が帰国した際に、のうのうとアントラーズのクラブハウスに顔を出したり、練習施設を使ったりしてるってだけでも我慢ならない。 だけど、どうやらアントラーズの選手やスタッフは違うらしい。 アントラーズにとって、中田はまだファミリーらしい。 そう思ってないのは、オレを含めた一部の心無いファンだけらしいよ、マジで。

切ないよな・・・
だからといって、中田を腹立たしく思うのは変わらないんだよ。
どーしょうもなく切ないよ。

中田よ。 せめて何か、心が狭いファンに向けて、心からのメッセージを発してくれよ。
ワガママ通したお詫び(笑)でもいい。 なんなら、頭が悪いファンへの憎まれ口でもいいよ。

レオナルドと違うのはそこだろ。


つうかその前に、バーゼル頑張れよ! あとグランパスとか!
posted by ヒロキチ at 00:44 | Comment(7) | TrackBack(1) | 日記

2007年06月27日

ZICOスタジアムの感想

いやー、勝ててよかった、ホントよかった。

マルキーニョスの得点後の大騒ぎが収まらぬ間に失点。
浮かれ過ぎるな? いやいや、あれは浮かれるって。

たとえば、鹿島のゴール裏はずっと「アウェイで勝利した後は、はしゃぎ過ぎず素早く撤退」なんて勝手なルール作ってフットボールシーンを分かったようなフリしてたけど、今更ながらオレらは本当の勝利の喜びを知らなかったんだなーと思うよ。 いっしょに優勝しようなー
posted by ヒロキチ at 23:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月20日

日立柏サッカー場の感想


ロスタイム終了間際、マルキーニョス?のゴールが決った瞬間に、オレの後ろでずっと「もう勝てない!もう終わりだ!」って叫んでたオッチャンに「どうだ!勝ったぞザマーミロ!!」って言って殴ったら、返り討ちに遇いました。

いやー、気持ち良かった!最高!
posted by ヒロキチ at 22:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月17日

ZICOスタジアムの感想


小笠原満男さんが鹿島に復帰するとか?
えー、なんかヤダなー・・・

小笠原はスーパ−な選手。 ピッチの中では誰よりも熱く強く、たとえば彼と同等の実力のブラジル人選手を獲得するのも今の鹿島にとっては難しい。 だとしても、あれだけワガママ通して移籍したんだから、そんな格好の悪い復帰の仕方するなよって。 今の、若くて未熟なアントラーズで、うひゃうひゃしながら優勝目指したいから、満男は満男で、適当に他のチームで経験積んでいてくれないかね?

ってのがオレの小笠原に対する素直な感情なんだけど、
スタジアムで「小笠原が復帰したら、今のファンと選手の結びつきが無くなってしまうから、復帰に反対」なんて声を耳にすると、それは違うぞーって、意地を張りたくなってくる。

小瀬から続くシアワセ劇場は、たまたまサポーター想いの選手が現れたからとか、最近フロントの方針が変わったからとか、ましてや小笠原一人ががいなくなったからとかで、実現したわけじゃあないよな?
 オレらが何年もかけて、叫んで、求めて、諦めずに気持ちを伝えて、自分たちの力で勝ち取ったものだよな? 小笠原ひとりが復帰したくらいで無くなってしまうような、薄っぺらい偽物じゃあないよな?

今のオレたちは、小笠原復帰という「困難」をも、きっと乗り越えることができるはず!
コラァ満男! 戻れるもんなら戻ってみろやー!!!!



あ、いやいや、そこまで無理して戻っていただかなくても結構ですのよ。
以上、広島戦の感想でした。
posted by ヒロキチ at 21:55 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2007年06月10日

九州石油ドームの感想

お久しぶりです、
更新サボってましたが、アントラーズのトップの試合は全部行ってました。
オレのアントラーズは、相変わらず、若く、勝負弱く、もういつだって応援せずにはいられません。

しかしこのビッグアイってのは、どうしていつも空気が重いのかね?
空気の膜?で、声が前に出ない。 思うようにピッチへ届かない。
今日のような結果も、最後の最後に応援で支えられなかったという不完全燃焼感が残っちゃって、ホント嫌なスタジアムだよ。

そうそう、福岡空港で鈴木満強化部長を見つけたので、みんなが疑問に思っていたことを聞いてみたぞ。

オレ『韓国人選手獲るって報道、本当っすか?』
満さん『ないない、全然ウソだよ・・・(苦笑)』

というわけでみんな、報知新聞の飛ばし記事よりも、鹿島フロントのこういう超保守的っぷりの方を信頼してあげよう!
 
posted by ヒロキチ at 01:38 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月08日

ZICOスタジアムの感想

あー、そういえば鈴木隆行が途中から出てきてブーイングが起こってたけど、あの何が何でも1点を狙う時間帯に、鹿島を後押しするロールを(流れを)止めてまで奴にブーイングかますなんて勿体なかったね。 結果として流れをものに出来なかったわけだしさ。

あ、もしかして隆行投入は鹿島の応援を止めるのが目的だったのか?
だとしたら早野、なかなかの策士よのう。 
posted by ヒロキチ at 23:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年05月05日

味の素スタジアムの感想

豪快なシュートをブチこんだ中後が、そのまま看板を越えてゴール裏を煽る。
試合終了後、ベンチの選手を含めて全員が、ゴール裏前で揃って喜びを表現する。

他のJリーグチームなら、ごく当たり前の光景。
そして、これからの鹿島でも、ごく当たり前の光景。
いっしょに戦って、いっしょに捥ぎ取った勝利。
今まで応援してきて本当に良かった。
posted by ヒロキチ at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月30日

ZICOスタジアムの感想

エロ本紙吹雪をゴール裏で自分の周りで舞い上がらせる「小生の愚息もビッグバン作戦」ってやつをやりたかったんだけど、残念ながら準備不足でした。
posted by ヒロキチ at 15:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月22日

日本平スタジアムの感想

shi.jpg

日本平のマスコットショーが話題になってたので、時間割いて初めてちゃんと見てみたんだけど、これと言ってどおってことなかったな。
posted by ヒロキチ at 16:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月15日

横浜国際総合競技場の感想

d.jpg

辛く、長かった。
そして忘れてた。 ひとつの勝利を手にするには、これほどまでに皆で力を合わせ、全力を尽くさねばならないことを!

posted by ヒロキチ at 23:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月13日

ZICOスタジアムの感想

060729_2110~0001.jpg
土曜日より、ちょっとだけ眩く輝いて見えた我らがスタジアム。
ほんのちょっとだけだけどね。
posted by ヒロキチ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月10日

今朝のスポーツ新聞を読んで

中田浩&小笠原、鹿島に帰ってきて〜
J1鹿島がMF小笠原満男(28)=メッシーナ=の復帰、MF中田浩二(27)=バーゼル=の獲得に向け、本格的に動き出すことが9日、明らかになった。鈴木満取締役強化部長が早ければ今月末に渡欧。2人の意思確認、所属クラブの状況を調査し、今夏の獲得を目指す。
 「クラブとして2人を呼び戻したい。これから話を進めていきたい。4月か、遅くても5月頭には渡欧して、話をするつもり。6月じゃ遅すぎる。早めに動き出す」と同部長。日本代表クラス2人の獲得を目指し、調整に入ることを明言した。
 鹿島からメッシーナに期限付き移籍している小笠原は、6月30日にメッシーナとの契約を満了する。その後、本人は海外他クラブへの移籍を希望しているが、鹿島としては同日までに獲得オファーが届かなければ、復帰させる方針。すでに小笠原からも電話で了承を得ているという。
 また、中田はバーゼルと2008年6月まで契約を結んでおり、今回はクラブ側に獲得の意思を伝えた上で、契約内容などを確認する。中田はチームの主力DFに定着、バーゼル側も簡単には手放さないと思われるが、鹿島は移籍金も準備して、獲得に全力を注ぐ。
 オリヴェイラ監督も2人の名前を挙げ、「レベルの違う選手」と高く評価。常勝時代を知る2人。現在、リーグ戦5試合3分け2敗と不振を極める鹿島が今夏、大型補強でチームを再建する。



p0.jpg
p1.jpg
posted by ヒロキチ at 19:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月08日

ZICOスタジアムの感想

発せられたコールが、まったく伝わってない。
どのコールを選択しても、まったく伝わる気がしない。
苦しんでるチームのために、何をやればいいのか、
また次の水曜も土曜も同じように、叫んで拍手してブーイングしてを根気よく繰り返すことが良いのか? あえて声を止めることで危機感を煽る方が良いのか?
どうすればアントラーズの力に成れるのか、奮い立たせることができるのか?

横断幕片付けて住金ゲートに向かうと、選手バスの出口に大勢のサポーターが自然に集まっていた。 こんなの当たり前だけどさ、集まったサポーター、誰一人として、もう今年は諦めたとか、もう応援する気が起きないとか、思ってた奴はいないぜ。 今度の水曜夜も、次の土曜も、同じようにゴール裏に集まって、誰よりも鹿島に身を捧げ、誰よりもチームの力に成ることを互いに競い合うような連中ばかりだぜ。 そんなの初めから当たり前なんだけどね。

試合後、何らかの形でサポーターが抗議活動をするのは、鹿島では99年のゼ・マリオ大連敗の時以来、実に7年ぶりか。 それでもさ、どうでもいいけど優しすぎるよなウチらって。 いつも思うけど、Jリーグのサポーターで、鹿島より選手に対して優しいところってないだろうなマジで。 この日の囲い込みも、選手にとっては痛くも痒くも、何の感情も揺れ動かされなかったんじゃないか? バスの中は照明消して真っ暗で選手は引っ込んじゃったままで、何のリアクションも反応も確認できなかったし、サポーターの代表が「フロント」に意見を伝えるという形で収束することになって、結局ちょっと囲って罵声浴びせただけで簡単にバス通しちゃったし。

とりあえず、バスを囲い込んだのは手応えを確認したかったからでもなく、選手のリアクションを見たかったからでもなく、ただ次の試合に勝ちたいからだから、それだけなんだから、まあいいや。 代表してフロント?に思いを伝えてきてくれたサポーターの代表者を信じる。 とにかく今日は、自分の無力さとヘタレさを、つくづく思い知らされたZICOスタジアムでしたとさ。


緑のフィールドを 真っ赤な歌声て包もう
俺達の思いは 永遠(とわ)にこの地に受け継ぐ
晴れたって 雨だって ゴール裏に集まろう
赤い旗の下に 常に勝利が待っている
アントラーズ!アントラーズ!奴等を血の海へ
アントラーズ!アントラーズ!我等の誇りよ

さあ旗を振って 大きく空へ飛び跳ねよう
スタジアム揺さぶる ホームの力を思い知れ!
俺達はここにいる どんなことがあっても
大切なものを守る 奴等の息の根を止めろ!
アントラーズ!アントラーズ!奴等を血の海へ
アントラーズ!アントラーズ!我等の誇りよ

舞い上がる紙吹雪 たなびくフラッグ
赤く染まったスタジアム
揺さぶる歌声 地をはうリズム
フットボールがあれば なにもいらない

フィールドの戦士達よ 鹿島の神を呼び起こせ
我等の誇りよ 自信と勇気を持って
アントラーズが大好きで どんな事でもできる
座ってなんかいられない 叫ばずにはいられない
アントラーズ!アントラーズ!奴等を血の海へ
アントラーズ!アントラーズ!我等の誇りよ



試合後、罵声を受けながら選手が去って行った後に、力無く歌い始められたMAX VOLUME。 なんつーか、いつも以上に詞を噛み締めちゃったりして、寂れた居酒屋で聴く八代亜紀のように「沁みる」よな。 やっぱり良い歌詞だよなあ。
posted by ヒロキチ at 16:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月05日

ZICOスタジアムの感想


ba.jpg
posted by ヒロキチ at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年04月01日

ホームズスタジアム神戸の感想


okada.jpg


この前の試合、柳沢がゴールに浮かれてはしゃいでる(様に見えた)チームやファンに、「まだ1点差だろー!浮かれてる状況じゃあないだろー!」って怒ってたオレだけど、この試合のファボンのFKが決まった後は、そんなの忘れて、ただただ「すげぇぇぇーーーー!!」って叫んで、周囲の人たちと興奮を分かち合っていた。 置かれてる状況も応援の屁理屈やも、何もかも吹っ飛ばすスーパープレー! 嗚呼、サッカーって素晴らしい!

それはそうとSkymark Airlinesの預かり手荷物が有料になっていたぞ! 横断幕を収納した大型キャリーバックとフラッグのポールで合計2000円もかかる! これでは宅配で送ったほうが安いぞ! 貧乏遠征者は要注意だぜ!
posted by ヒロキチ at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。