2008年02月25日

ZICOスタジアムの感想

せっかく優勝したので、長く苦しかった1年間を思う存分振り返りたかったんだけど、仕事に追われて気が付いたら次のシーズンが始まっていました。柳沢のこととか、もっといっぱい書きたかった。オフシーズンの情報とか、ほとんど知りません。ウチから選ばれた日本代表って、本山とか小笠原とかじゃなくて、田代と岩政と篤人なんだってね。なんか新時代って感じがするよ。この1年でいろんなことが変わって、これから1年でも、きっともっと大きく変わるんだろうね。オレも乗り遅れないように頑張ります。


「♪われら〜Jリーグチャ〜ンピオ〜ン〜」
って歌について考えながら、ゴール裏で跳んでいました。

このタイミングでこの歌ってのはさ、
背負うものが少ない挑戦者の立ち位置に甘えてしまうだけではなく、
重い重い「チャンピオン」である誇りを堂々と背負って、驕ることなく、気高く戦うことを求めてるのだと思うよ。

賛同できるできないは置いておいて、これはめちゃくちゃ過酷な歌だよな。4点差で負けてる時間帯の「聖者の行進」より何倍も過酷だよ。求められる選手側も、求めるために心を込めて声を出すサポーター側も、とんでもなく強い覚悟や断固たる意思が必要。半端ななく大変だよこれは。
これも、ひとつの新たな「挑戦」なのか?

今季もどうぞよろしくお願いしますー
posted by ヒロキチ at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/86952377

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。