2007年12月19日

「大分が鹿島MF増田獲得へ」

http://kyusyu.nikkansports.com/soccer/jleague/trinita/p-kt-tp0-20071219-297156.html


我に余剰戦力無し。そのまま降格せよ。言いたいことがあれば、いずれJ2で聞く。
posted by ヒロキチ at 17:27 | Comment(8) | TrackBack(1) | 日記

2007年12月07日

復讐の風〜


asuka.jpg


明日かーッ!


甲府戦、もう明日か!

明日は、鹿島アントラーズの誇りにかけて、絶対に落としてはいけない試合だ。
選手は体力的にも精神的にも、相当辛いはず。
本気でタイトルを狙うと言いつつも、
夏からずっと究極に張りつめた状態で戦っていたものが、一つの目標を達成して、一気に弾けて弛む。
それをすぐに、元の張りつめた状態には戻すのは困難。
明日は相当苦しい試合になるはず。

つくづく思う。
応援する側は、される側より、強くなければならないって。

さあ、また一致団結。
負けたら終わりだもんな。
posted by ヒロキチ at 23:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月05日

ZICOスタジアムの感想


zico0.jpg



監督が、浦和戦の途中経過の情報をシャットダウンするよう指示した。

ZICOスタジアムに集まった3万人のサポーターは、その重要さを痛いほど理解していた。だから、清水に勝利して、勝点を72まで伸ばすことだけに集中した。
スタジアムはハーフタイムの他会場途中経過の情報を流さなかった。僅かに居たであろうケータイで情報見ながら浮かれて騒ぎ始める可能性があるような輩も、3万人が発する強く張りつめた空気に、完全に駆逐された。試合中、ハーフタイム、浦和がリードされてるなんて情報は、どこからも聞こえてこなかった。優勝が近づいてるなんて空気は、勝負が決するまで、どこからも伝わってこなかった。
チーム、スタッフ、サポーター、神がかるほどの一致団結ッ!

今季の鹿島を象徴する、素晴らしいスタジアムだったと思う。


鹿島アントラーズが優勝できたのは、小笠原が復帰したから?ガンバと浦和がシーズン最後まで戦い抜く力を持ってなかったから?

これだけは自信を持って言える。
「クラブに関わる者が一致団結して、最後まで可能性を諦めず、真摯に優勝を目指した」のが、最大の要因だよ。


この日は、いろんなことがあった。

大逆転優勝。闘将小笠原。10番本山の歴史に残るスーパーゴール。監督の大演説。ゴール裏でも、応援でも、本当にいろいろあった。

そんなことに紛れて、オレが何年も前から何度も言い続けてた「優勝なんてもう何度も見てる。目標はいっしょに優勝すること」「最終目標は優勝決めてゴール裏に向かって喜びを爆発させる小笠原を見ること」の二つが、目の前で当たり前のように、あっさり実現してしまった。

あーあ、これからどうしよう 笑

posted by ヒロキチ at 00:58 | Comment(7) | TrackBack(6) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。